「ヒエログリフ」首里花織名古屋帯地
川村早苗作

商品番号 m0958
販売価格 280,000円+税

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2、3枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
「ヒエログリフ」首里花織名古屋帯地 川村早苗作 width= 「ヒエログリフ」首里花織名古屋帯地 川村早苗作 width= 「ヒエログリフ」首里花織名古屋帯地 川村早苗作 width= 「ヒエログリフ」首里花織名古屋帯地 川村早苗作 width= 「ヒエログリフ」首里花織名古屋帯地 川村早苗作 width= 「ヒエログリフ」首里花織名古屋帯地 川村早苗作 width=

「ヒエログリフ」首里花織名古屋帯地 川村早苗作 width= 「ヒエログリフ」首里花織名古屋帯地 川村早苗作 width= 「ヒエログリフ」首里花織名古屋帯地 川村早苗作 width= 「ヒエログリフ」首里花織名古屋帯地 川村早苗作 width= 「ヒエログリフ」首里花織名古屋帯地 川村早苗作 width=
line

【商品説明】
沖縄の染織品の中でも元々琉球王朝の王家のために作られていた首里織にはどこか格調の高さが感じられます。
首里織には大きく分けると6種類の技法があるそうです。
そのすべてを習得され、さらに独自の方法で変化させながら多彩な模様をデザインされ、実際に作品にされる川村早苗さん。
今回は少しユニークな「ヒエログリフ」の模様の作品です。
文字は「あなたが幸せにめぐまれますように」という意味だそうです。
ヒエログリフとは古代エジプトで神聖な文字とされ、神やそれと同等であるとされたファラオを称える石碑や神殿、またお墓などに刻まれたもののようです。
紀元4世紀頃まで使われていてその後途絶えたそうですが、19世紀に発見されたロゼッタストーンの解明で、再び読まれるようになったそうです。
それ以前の4000年くらい使われていたものが突然姿を消し、1500年もの間だれにも読まれなかったというのも不思議で、なんだかロマンを感じられる文字です。
それを使って川村さんらしい可愛い色使いで幸せを願う模様というのもまたロマンティックですね。
琉球絣や紅型のお着物と合わされても素敵ですし、首里織は光沢がありますのでやわらかい素材の物とも綺麗に合います。
「どんな言葉が書かれているの?」などと周りの方ともお話が弾みそうです。
柄の1色を小物に使われるなど、ちょっと個性的に着こなされるのには最適でお洒落なおすすめの一点です。
地の色は練色(ねりいろ)「#ede4cd color-sample.com」
模様の色は緋色「#d3381c color-sample.com」、 淡黄(たんこう)「#f8e58c color-sample.com」
紺碧(こんぺき)「#007bbb color-sample.com」、 滅紫(けしむらさき)「#594255 color-sample.com」 をご参照下さい。