牡丹尽し訪問着地
工芸染匠成謙

商品番号 m1132 - 101919
販売価格 850,000円+税

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
牡丹尽し訪問着地 工芸染匠成謙 width= 牡丹尽し訪問着地 工芸染匠成謙 width= 牡丹尽し訪問着地 工芸染匠成謙 width= 牡丹尽し訪問着地 工芸染匠成謙 width= 牡丹尽し訪問着地 工芸染匠成謙 width= 牡丹尽し訪問着地 工芸染匠成謙 width=

牡丹尽し訪問着地 工芸染匠成謙 width= 牡丹尽し訪問着地 工芸染匠成謙 width= 牡丹尽し訪問着地 工芸染匠成謙 width= 牡丹尽し訪問着地 工芸染匠成謙 width= 牡丹尽し訪問着地 工芸染匠成謙 width= 牡丹尽し訪問着地 工芸染匠成謙 width=

牡丹尽し訪問着地 工芸染匠成謙 width=
line

【商品説明】
新作をつくられるにあたって、中国では一番位が高いとされる牡丹のお花をテーマにしてみたいと思い、デザインされたそうです。
ワントーンでシンプルに見えるお着物ですが、牡丹のお花は5種類の方法で描かれているそうで、変化のあるものとなっています。
濃いものは藍がかったグレー・鉄御納戸色から胡粉色の白まで何段階にも色を変えてあり、糸目の線のしっかりと引かれたものや、金彩で花びらを飾ったもの、縁取りをされたものなど様々で、裏を向いたお花などユニークなものもあります。
お花の中心に金の摺箔と金糸の刺繍をされたものがあり、牡丹のお花の豊かさと豪華さが美しく表現されているようです。
モノトーンで黒い帯や白い帯を合わされて、小物で彩りを添えられるのも素敵ですし、華やかな色使いの袋帯を合わされるのも良いかもしれません。
今回のイベントに出品してくださった訪問着や附下のお着物におび弘さんの帯を載せてみましたら、とても雰囲気が良く都会的なお洒落さで、うっとりしてしまうほど綺麗に合いました。
本物をつくり続けていらっしゃる方の手による、品質の良いもの同士はこんなにも合うものかと改めて思いました。
この機会に是非実物をご覧になっていただきたいと心より思います。

地の色は薄雲鼠「#d4dcda color-sample.com」
牡丹の色は鉄御納戸「#455765 color-sample.com」
藍鼠「#6c848d color-sample.com」
湊鼠「#7f9699 color-sample.com」
胡粉色「#fffffc color-sample.com」 をご参照下さい。