首里の花織着尺
米須幸代作

商品番号 m1283 - 112403
販売価格 730,000円+税

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
首里の花織着尺 米須幸代作 width= 首里の花織着尺 米須幸代作 width= 首里の花織着尺 米須幸代作 width= 首里の花織着尺 米須幸代作 width= 首里の花織着尺 米須幸代作 width= 首里の花織着尺 米須幸代作 width=

首里の花織着尺 米須幸代作 width= 首里の花織着尺 米須幸代作 width= 首里の花織着尺 米須幸代作 width= 首里の花織着尺 米須幸代作 width= 首里の花織着尺 米須幸代作 width= 首里の花織着尺 米須幸代作 width=
line

【商品説明】
主に首里で活躍される作家さんの着物や帯の作品が何点か揃いましたので、ご紹介させていただきます。
米須幸代さんは卒業されてから、首里の織物の第一人者のお一人でもある大城志津子さんに師事して織りを学ばれ、後に新垣みどりさんと「あや工房」を開設されました。
上質の糸にこだわり、近くで自生する植物で染められる美しい色で表された作品は、そのセンスの良さ、そして完成度の高さから高い評価を得て、各賞を受賞されています。
こちらはグレー味のある白・白練色の地に、青紫色の濃淡の縞がグラデーションのように走り、散りばめられた花織が綺麗な光沢で、その縞にキラキラとした飾りがされているかのようで見入ってしまいます。
純国産の群馬のシルクの糸を使用されているからでしょうか、動かすたびに本当にキラキラと花の部分が輝いて、その綺麗な光沢は本当に魅力的です。
実際にお着物にお仕立てをして身に纏うとどれほど素敵でしょうとわくわくしてしまいます。
本来王家の正式な装束であった首里織の気品は別格といえるようなものがあり、その雰囲気は後世にも姿を変えて伝えられているのかもしれません。
紅型染めの帯はもちろん綺麗に合うと思いますが、友禅の染めの帯や型絵染の帯なども合いそうです。
少し格のある袋帯や名古屋帯でも受けてくれる力がありますので、ちょっとドレスアップした雰囲気でお召しになるのも良いのではないでしょうか。
色使いや光沢の美しさに周りの方もため息が出てしまいそうな、素敵なボリューム感のあるおすすめの一点です。

地の色は白練「#f3f3f2 color-sample.com」
縞の色は深紫「#4d3e59 color-sample.com」
薄葡萄「#c0a2c7 color-sample.com」 をご参照下さい。