首里ロートン織着尺
上間ゆかり作

商品番号 m1284 - 112373
販売価格 830,000円+税

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
首里ロートン織着尺 上間ゆかり作 width= 首里ロートン織着尺 上間ゆかり作 width= 首里ロートン織着尺 上間ゆかり作 width= 首里ロートン織着尺 上間ゆかり作 width= 首里ロートン織着尺 上間ゆかり作 width= 首里ロートン織着尺 上間ゆかり作 width=

首里ロートン織着尺 上間ゆかり作 width= 首里ロートン織着尺 上間ゆかり作 width= 首里ロートン織着尺 上間ゆかり作 width= 首里ロートン織着尺 上間ゆかり作 width= 首里ロートン織着尺 上間ゆかり作 width=
line

【商品説明】
主に首里で活躍される作家さんの着物や帯の作品が何点か揃いましたのでご紹介させていただきます。
かつて琉球王朝が栄え、首里が王府であった時代より、琉球の染織品はその多彩さでも技術のレベルの高さでも、世界中探しても類を見ないほどであったようです。
現在ではその一部が多くの人々の手によって研究・復元され、それを垣間見るだけでも感動させられる事を思えば、その時代には想像もつかないほど素晴らしいものであったのだと思います。
紅型染めと首里織に代表されますが、その昔王家の人々のみが着用を許されたものであった事を考えますと、その高尚さと気品に満ちた佇まいも理解できます。
こちらはクリーム系のベージュ・練色の地に、赤墨色、ときがら茶色、そして抹茶色の3色の糸が流れるような縞を構成し、飛び飛びに浮織になったロートン織のお着物地です。
ロートン織ですので、使われている糸がほんのりとした淡い色に発色して、浮織の部分がキラリと光り、とても雰囲気の良い上品なものとなっています。
お着物としてお仕立てをされますと、気品のある美しい着姿となってとても映える事と思います。
帯は非常に広い範囲でお合わせいただけて、エレガントにもカジュアルにもお召しいただけますので、様々にコーディネートをお楽しみいただけたらと思います。
縞に使われたときがら茶色のほんのりとしたオレンジピンクのアクセントが控え目な華やかさとなった、とても美しいおすすめの一点です。

地の色は練色「#ede4cd color-sample.com」
縞の色は赤墨「#3f312b color-sample.com」
ときがら茶「#e09e87 color-sample.com」
抹茶色「#c5c56a color-sample.com」 をご参照下さい。