「春の宵」紅花紬単衣着物
新田織物製

商品番号 k1490 - 2_00594
未着用品
税込価格 99,000円

身丈 175 cm 前巾 24 cm
裄丈 72.5 cm 後巾 30.5 cm
袖丈 49.2 cm 付属品 証紙

商品説明
※下の1、2枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width= 「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width= 「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width= 「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width= 「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width= 「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width=

「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width= 「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width= 「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width= 「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width= 「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width= 「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width=

「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width= 「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width= 「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width= 「春の宵」紅花紬単衣着物 新田織物製 width=
line

【商品説明】
7月に紅花の花びらを摘み取り、発酵させ、臼で引いて染料の元となる花餅にします。
江戸時代には全国でもトップとなるシェアで生産された最上紅花は、現金収入の大きな資源であったようです。
明治時代には化学染料の輸入や国策で衰退していったそうですが、それを現在まで何代も守り続けてこられた新田家では、古法に従って現在もなお自然の色を伝え、制作されています。
こちらは全体を見ますと淡いピンクベージュの縞模様の紬に見えますが、その縞を構成しているのは、鴇鼠色、長春色、江戸鼠色、萌葱色、若菜色といったおよそ10種類もの色糸です。
とりわけ濃い紅花色に染め上げられた長春色のピンクがとても綺麗です。
反物の織り出しに経糸だけの部分があり、どんな色の糸が使われているのかがわかるのですが、どの色も化学染料では出す事のできない、輝くような光を放っていて、縞の形に集合するとこんなにも柔らかく優しい色になるのかと改めて驚かされます。
真綿引きの紬ですのでふんわりと軽く、お召しいただく際の着心地の良さが想像できます。
パステルトーンの優しい色合いですので、色々な帯をお合わせいただけると思います。
お洒落袋帯、染めや織りの名古屋帯、紅型染めや型絵染のような工芸的な名古屋帯なども良いですね。
春にも秋にも着こなしに変化をつけてお召しいただける、自然の色を纏うような素敵なおすすめの一点です。
未着用品。

衿裏と居敷当に絹の羽二重が使用されています。

象牙色「#f8f4e6 color-sample.com」
鴇鼠(ときねず)「#e4d2d8 color-sample.com」
長春色(ちょうしゅんいろ)「#c97586 color-sample.com」
江戸鼠「#665a54 color-sample.com」
萌葱色「#006e54 color-sample.com」
若菜色「#d9e6a1 color-sample.com」 をご参照下さい。