伝統工芸手織紬単衣着物
鈴木苧紡庵作

商品番号 k1094
お仕立て上がり
販売価格 165,000円+税

身丈 162 cm 前巾 24.5 cm
裄丈 69 cm 後巾 30 cm
袖丈 49 cm

商品説明
※下の1枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
伝統工芸手織紬単衣着物 鈴木苧紡庵作 width= 伝統工芸手織紬単衣着物 鈴木苧紡庵作 width= 伝統工芸手織紬単衣着物 鈴木苧紡庵作 width= 伝統工芸手織紬単衣着物 鈴木苧紡庵作 width= 伝統工芸手織紬単衣着物 鈴木苧紡庵作 width= 伝統工芸手織紬単衣着物 鈴木苧紡庵作 width=

伝統工芸手織紬単衣着物 鈴木苧紡庵作 width= 伝統工芸手織紬単衣着物 鈴木苧紡庵作 width= 伝統工芸手織紬単衣着物 鈴木苧紡庵作 width=
line

【商品説明】
8月後半に差し掛かると気になり始めるような、来月中旬からお召しいただける単衣のお着物を、店頭やホームページで順にご紹介させていただきたいと思います。
夏の宝石のような布、重要無形文化財の越後上布でもその名前が知られる鈴木苧紡庵さん制作の草木染・手織の紬は、やはり古くから根強いファンがたくさんいらっしゃいます。
嬉しい事に秋を迎える前に偶然にも数点入荷いたしましたので、ご紹介させていただきます。
こちらは少し離れると変化のある銀鼠色の無地のお着物に見えるのですが、近づくと本当に小さな蚊絣が織り出されていて、それが大胆な配置で大きな蝶々が染め抜かれた絣模様を構成している、手の込んだ作品です。
無機質な印象のグレーですが、手織の紬で織られているというアンバランスさも楽しむ事ができます。
今回ご紹介させていただいた4点だけでも、苧紡庵さんの多彩さとチャレンジ精神を垣間見る事ができて嬉しく思えます。
さらにこれほどの作品を一度に目にする機会はなかなかありませんので、紬ファンの方には是非ご覧いただきたいと思います。
秋と春とで好みによって帯遊びをお楽しみいただけそうな、おすすめの一点です。
お仕立て上がり。
銀鼠色は「#7E7F7F color-sample.com」をご参照下さい。