「光る風」帯地
国画会会員 小島秀子作

商品番号 m0266
販売価格 430,000円+税

商品説明

※下の1枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。
※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

line
「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width= 「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width= 「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width= 「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width= 「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width= 「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width=

「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width= 「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width= 「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width= 「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width= 「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width= 「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width=

「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width= 「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width= 「光る風」帯地 国画会会員 小島秀子作 width=
line

【小島秀子】
今回の秋の『工芸作家作品展』に個人的にも大好きな小島秀子さんの作品をご紹介できる事をとても嬉しく思います。
今回ご紹介させていただくのはそれぞれに違った個性を持つ3作品ですが、写真ではどうしてもこの美しさをお伝えしきれないのが非常に残念です。
糸と糸が協力し合って美しいハーモニーを奏でているように見える、からみあう糸の妙味を感じる帯地。
合わせるお着物をあれやこれやと考えるだけでもうきうきしてしまいます。
高貴な雰囲気さえ醸し出しているような光沢のある青磁色が絹の魅力を最大限に発揮していて、藍色と市松を構成する可愛い模様が裾まわりに配置されお召しいただきますと上質なシルクのスーツを着ているようなキリッとした印象と、それを和らげる市松の可愛さが同居する素敵な訪問着のお着物。
そして地織のアイボリーの濃淡の糸のなんと美しいことでしょうか。そこに裾から浸透していくような、湧き上がるような緑味のある藍色の暈しの美しさが魅力的な、春待ちな気分の絵羽のお着物。
手元で見ているだけでもため息が出てしまいます。
ご案内状でもとても印象に残る一点のようでたくさんのお問い合わせをいただいております。
素晴らしくハイセンスなデザイン力も、それを実際に織りで実現されるという事も簡単ではないという事は素人の私たちにも理解できます。
ここまで高い完成度でものつくりをされるのにはどれほどの集中力と根気とエネルギーと感性と、一体なにが必要なのでしょうと想像に余りあります。
是非この機会に素晴らしい逸品を手に取ってご覧くださいませ。
現在、国画会会員 mono工房主催 織物教室などでご指導にもあたられています。