「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地
日本工芸会正会員 城間栄順作

商品番号 m0414
販売価格 290,000円+税

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width= 「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width= 「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width= 「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width= 「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width= 「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width=

「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width= 「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width= 「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width= 「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width= 「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width= 「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width=

「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width= 「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width= 「南海路」本場琉球紅型赤城紬夏九寸名古屋帯地 日本工芸会正会員 城間栄順作 width=
line

【商品説明】
5月29日(日)から『雪国から届いた「越後の織物展」』を開催する予定となっていますが、同時開催の『爽やかな夏の装い展』では、沖縄の染織品や当店オリジナルの夏の帯などもたくさん取り揃え、準備をすすめております。
展示販売させていただく商品につきましては、イベント開催前にご覧いただけるものもございます。
お気軽にお立ち寄り、またはお問い合わせくださいませ。

歴史と伝統のある琉球紅型は、琉球王朝の時代から高貴な婦人の礼装用の衣装として用いられていました。
それを染めていた「紅型三宗家」のひとつである城間家を現在継がれている、城間栄順氏作の九寸名古屋帯地の作品です。
昨年末に沖縄を訪れた際には、沖縄県立博物館・美術館で城間栄喜氏、栄順氏、栄市氏の「城間家三代継承展」を開催されていて、素晴らしい作品がたくさん展示されているのを拝見しました。
以前より、夏のものに限らず袷の時期のものもリクエストして当店だけの色使いの作品をつくっていただいておりますが、今年も夏用の帯地が何点かできあがってまいりましたのでご紹介させていただきます。
夏の作品に使われる生地は、赤城紬であったり小千谷の麻であったり多少透ける事を考慮して少し強い色合いのものをお願いしています。
夏のお着物は白系のものが多くなる事もあるためメリハリをきかせたい時もあり、その点でもお使いいただきやすく、お楽しみいただけるのではないかと思います。
こちらはこれからの季節に最適な、ホワイト&ブルーがテーマの様に清々しく清涼感のある色使いで海の中の模様を染めたものです。
海が大好きとおっしゃる城間さんならではの海中をスケッチしたような楽しさがあふれています。
珊瑚や海藻が歌うように波に揺れている様子を経涌のリズミカルな線にして描かれています。
中心に使われた色と太鼓の返りの色は沖縄の海を見ているような鮮やかな紺碧色の濃淡です。
経涌の中の水玉は少し濃い紺青色でなんだかぷくぷくとしていて楽しく見えます。
墨のような檳榔子染色も使われていてちょっとシックな一面もありますので、お着物との相性は非常に良いのではないかと思います。
前柄はどちらを出されるかで表情が違いますので、季節やお着物の雰囲気に合わせて変えてお楽しみいただけます。
心弾む南の海へのあこがれを詰め込んだようなおすすめの一点です。
タレ部分はお好みによって柄・無地どちらを出す事も可能です。お仕立ての際にご相談ください。
紺碧色(こんぺきいろ)は「#006399 WEB色見本 原色大辞典」を、
紺青色(こんじょういろ)は「#14264d WEB色見本 原色大辞典」を、
檳榔子染色(びんろうじぞめいろ)は「#332f2e WEB色見本 原色大辞典」をご参照下さい。