「市松」小千谷湯揉み絹縮着尺
日本工芸会正会員 樋口隆司作

商品番号 m0762
販売価格 290,000円+税(単衣お仕立て代込)

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
「市松」小千谷湯揉み絹縮着尺 日本工芸会正会員 樋口隆司作 width= 「市松」小千谷湯揉み絹縮着尺 日本工芸会正会員 樋口隆司作 width= 「市松」小千谷湯揉み絹縮着尺 日本工芸会正会員 樋口隆司作 width= 「市松」小千谷湯揉み絹縮着尺 日本工芸会正会員 樋口隆司作 width= 「市松」小千谷湯揉み絹縮着尺 日本工芸会正会員 樋口隆司作 width= 「市松」小千谷湯揉み絹縮着尺 日本工芸会正会員 樋口隆司作 width=

「市松」小千谷湯揉み絹縮着尺 日本工芸会正会員 樋口隆司作 width= 「市松」小千谷湯揉み絹縮着尺 日本工芸会正会員 樋口隆司作 width= 「市松」小千谷湯揉み絹縮着尺 日本工芸会正会員 樋口隆司作 width=
line

【商品説明】
今年も樋口隆司さんの作品をご紹介する時期になりました。
例年ご好評をいただいております、単衣から盛夏を挟んでお召しいただける「湯揉み絹縮」の新作も届いております。
盛夏にお召しいただける麻の小千谷縮も色々と揃っております。
ホームページではその一部を順番にご紹介していきたいと思います。

小千谷市は苧麻を使用した麻織物から真綿紬の絹織物まで、千年以上の伝統を誇る織物の産地です。
「ちぢみ布」と言えば小千谷のことをさしているくらい知名度も高く、長い歴史の中で一般にも愛され続けています。
そして昭和30年には国の重要無形文化財に指定されています。

「市松」小千谷湯揉み絹縮着尺
黒と青味のある紫色のきっぱりとした市松模様の着尺です。
中心の境界線に互い違いに入れられた白と黄色の線がアクセントになって、都会的なモダンさが感じられます。
メインの2色のみでは出す事のできない洗練された魅力が生まれていて、改めて樋口さんのデザインや配色のセンスに感動します。
実際にお羽織りいただくと、素材の透け感も加わり清々しい印象となって、格好良い着姿を演出してくれそうです。
お仕立ての際の柄配置のご相談も楽しみになるようなお洒落な一点です。

【樋口隆司】
1948年 新潟県小千谷に生まれる
1989年 「世界の麻」展
1990年 第 37 回 日本伝統工芸展入選
      その後も各賞を受賞
1991年 松屋銀座にて個展
      その後も全国各地で個展を開催する
2004年 日本工芸会正会員認定
2005年 新潟県中越地震復興祈念個展
      「星に願いを」織展
2006年 第 1 回新潟県伝統工芸展優秀賞
2016年 「小千谷縮・軌跡」展