弥左衛門間道袋帯地
曽根武勇作

商品番号 m0860
販売価格 お問い合わせください

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
弥左衛門間道袋帯地 曽根武勇作 width= 弥左衛門間道袋帯地 曽根武勇作 width= 弥左衛門間道袋帯地 曽根武勇作 width= 弥左衛門間道袋帯地 曽根武勇作 width= 弥左衛門間道袋帯地 曽根武勇作 width= 弥左衛門間道袋帯地 曽根武勇作 width=

弥左衛門間道袋帯地 曽根武勇作 width= 弥左衛門間道袋帯地 曽根武勇作 width= 弥左衛門間道袋帯地 曽根武勇作 width= 弥左衛門間道袋帯地 曽根武勇作 width= 弥左衛門間道袋帯地 曽根武勇作 width=
line

【商品説明】
2色の糸で格子が織り出され、その2色が寄り添ったり離れたりして面白い表情となった名物裂の弥左衛門間道の袋帯地です。
名物裂の文様でありながらお洒落着的な紬のお着物などにもお合わせいただける素朴さがあります。
また色使いもシンプルでお着物合わせをしていただきやすい事と思います。

≪曽根さんの解説より≫
大名物日野肩衝(かたつき)茶入や中興名物玉津茶入の仕覆として用いられています。
博多の満田弥左衛門が宗より持ち帰ったという説、その人が架空の人物であるという説もあり、伝来は定かではありません。
本作品は緯糸に手引き真綿を、経糸に練り絹でありながら、艶消しの効果のある特殊撚糸を使用しています。
真田組織と切替横段が民芸的な味わいを引き出しています。
名物裂の中にある間道縞ですので、素朴な中にも風格のある作品です。

地の色は亜麻色「#d6c6af color-sample.com」
格子の色は檳榔子染色(びんろうじぞめいろ)「#433d3c color-sample.com」をご参照下さい。