「上品羅」名古屋帯地
人間国宝 北村武資作

商品番号 m1023
販売価格 580,000円+税

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2、3枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
「上品羅」名古屋帯地 「羅」「経錦」人間国宝 北村武資作 width= 「上品羅」名古屋帯地 「羅」「経錦」人間国宝 北村武資作 width= 「上品羅」名古屋帯地 「羅」「経錦」人間国宝 北村武資作 width= 「上品羅」名古屋帯地 「羅」「経錦」人間国宝 北村武資作 width= 「上品羅」名古屋帯地 「羅」「経錦」人間国宝 北村武資作 width= 「上品羅」名古屋帯地 「羅」「経錦」人間国宝 北村武資作 width=

「上品羅」名古屋帯地 「羅」「経錦」人間国宝 北村武資作 width= 「上品羅」名古屋帯地 「羅」「経錦」人間国宝 北村武資作 width= 「上品羅」名古屋帯地 「羅」「経錦」人間国宝 北村武資作 width= 「上品羅」名古屋帯地 「羅」「経錦」人間国宝 北村武資作 width= 「上品羅」名古屋帯地 「羅」「経錦」人間国宝 北村武資作 width= 「上品羅」名古屋帯地 「羅」「経錦」人間国宝 北村武資作 width=

「上品羅」名古屋帯地 「羅」「経錦」人間国宝 北村武資作 width=
line

【商品説明】
重要無形文化財「経錦」「羅」技術保持者・北村武資作。
北村武資さんは早くに家族を支えたいという思いから、進学をあきらめて15歳で西陣織の世界に入られました。
5年間の機屋さんでの修業の後、さらに貪欲なまでにあちらこちらの機屋さんの暖簾をくぐり独学で勉強をされ、龍村美術織物さんや川島織物さんでも染織を学ばれました。
独立されてから日本伝統工芸展に初出品で受賞、その後も作品を出品し続けて各賞を受賞されました。
日本工芸会正会員となり、1995年に「羅」、そして2000年には「経錦」の重要無形文化財保持者に認定されました。
お一人の方が、独学で対極にあるような2種類の重要無形文化財保持者になるという事は非常に稀ですし快挙と言えますが、その裏付けはすべての織物を熟知されて、高い技術で取り組まれているという事以外の何物でもないと思います。
デザインも独自のセンスでされるため、伝統的な図案からなるものでもオリジナリティが感じられます。
常にその時代にお着物を着る人の心に沿った美しい織物を創作され続けています。
「羅」の歴史は古く、中国前漢の時代からあり、日本には7世紀頃に伝えられたと言います。
北村武資氏も出土品を見てその美しさに深い感銘を受け、その後長年に渡って研究を続けられる中でたくさんの問題を精力的に解決し、復元を実現させ、さらに独自の技法も確立されました。

今回のイベントには珍しい「羅金」も入荷しご紹介させていただいておりますが、こちらも人気の高い「羅」の八寸名古屋帯地です。
少し青味のある白・月白色の糸で織り出され、白より白く見えると言った方が良いのかもしれませんが、それが重なると不思議な白藍色が現れ、大変涼やかで気品のある清楚な印象となっています。
きっと夏のお召し物にすっきりと寄り添う事でしょう。
羅は格のある織物ですので、盛夏のやわらかい素材のお着物とも、または上布類のお着物ともお合わせいただけます。
静かな佇まいながら、夏の装いを一段と品格と華やかさのあるものとしてくれるおすすめの逸品です。
月白(げっぱく)「#eaf4fc color-sample.com」 をご参照下さい。