経節紬横段縞着尺
浦野理一作

商品番号 m1143 - 102411
販売価格 380,000円+税

長さ 12 m 21 cm 36.4 cm

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
経節紬横段縞着尺 浦野理一作 width= 経節紬横段縞着尺 浦野理一作 width= 経節紬横段縞着尺 浦野理一作 width= 経節紬横段縞着尺 浦野理一作 width= 経節紬横段縞着尺 浦野理一作 width= 経節紬横段縞着尺 浦野理一作 width=

経節紬横段縞着尺 浦野理一作 width= 経節紬横段縞着尺 浦野理一作 width= 経節紬横段縞着尺 浦野理一作 width= 経節紬横段縞着尺 浦野理一作 width= 経節紬横段縞着尺 浦野理一作 width=
line

【商品詳細】
浦野理一氏は日本の伝統的な染織品の研究を長年続けられ、それらを復元する際にも、お洒落なものを求められる方のお気持ちに応えるべく、個性的で他に例を見ないタイプの作品を作られました。
それは40年以上前のミセスなどの雑誌の巻頭を飾り、またその当時人気の女優さんたちが映画の中でも身に付けられた事もあり、とても多くのお着物ファンを魅了しましたが、それが現代にも連綿と伝えられている事、現在でもそのセンスを支持する方が多い事には驚かされます。
例えばこちらの作品にしても、お仕立てをして今お召しになったとしてもまったく古さを感じないといったところでしょうか。
特徴的な経の節の面白さと、それに交差するように緯に織り込まれた黒鳶色の太い糸が、味わい深く個性的に存在を表していて、素敵な風合いとなっています。
単衣にお仕立てをされても着心地が良さそうですし、お召しいただける時期も長いかもしれません。
イメージ的には古い丹波木綿を復元されたのかと思われる、茶綿色の地色と生地の風合いが魅力的です。
藍型染や型絵染の帯を合わされるのも素敵ですし、織りの楽しい八寸名古屋帯なども良いですね。
秋からのお出かけも楽しみになりそうなおすすめのお着物です。

白橡(しろつるばみ)「#cbb994 color-sample.com」
黒鳶「#432f2f color-sample.com」 をご参照下さい。