「黄色い花」絣と花織名古屋帯地
国画会会員 山口小枝作

商品番号 m1152 - 102633
販売価格 280,000円+税

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2、3枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
「黄色い花」絣と花織名古屋帯地 国画会会員 山口小枝作 width= 「黄色い花」絣と花織名古屋帯地 国画会会員 山口小枝作 width= 「黄色い花」絣と花織名古屋帯地 国画会会員 山口小枝作 width= 「黄色い花」絣と花織名古屋帯地 国画会会員 山口小枝作 width= 「黄色い花」絣と花織名古屋帯地 国画会会員 山口小枝作 width= 「黄色い花」絣と花織名古屋帯地 国画会会員 山口小枝作 width=

「黄色い花」絣と花織名古屋帯地 国画会会員 山口小枝作 width= 「黄色い花」絣と花織名古屋帯地 国画会会員 山口小枝作 width= 「黄色い花」絣と花織名古屋帯地 国画会会員 山口小枝作 width= 「黄色い花」絣と花織名古屋帯地 国画会会員 山口小枝作 width= 「黄色い花」絣と花織名古屋帯地 国画会会員 山口小枝作 width= 「黄色い花」絣と花織名古屋帯地 国画会会員 山口小枝作 width=
line

【商品説明】
自然の中にある植物や生物にインスパイアされて作品をつくられる山口小枝さん。
「自然がとってもお好きだから」だそうで、植物染料を使って国産の糸にこだわって創作されています。
こちらの作品は少しグレー味のあるベージュ・白橡色の地に、浅蘇芳色と赤白橡色の濃淡の細い縞の集合と濃い藍色の縞が交互に並んだ間を、矢絣のような絣の模様が松葉色と枯茶色で織り出されています。
矢絣のように見える絣に黄色の小さな花織が二つ並んで置かれている事で、小さな可愛い草花に見えるのが不思議なマジックみたいです。
デザインの面白さとはこういったものを言うのではないでしょうか。
イカットのように見える模様は、黄色のお花の存在でガラッと雰囲気が変わって、山郷の風景を思わせる可憐な野の花になってしまいます。
手元で見てもその様子が微笑ましく、実際に帯として締められると可愛さと洗練された感が相まってきっと素敵な装いをお楽しみいただける事と思います。

【山口小枝】
女子美術大学工芸科卒業
卒業後3年間柳悦孝工房で助手を務める
1985年 国展新人賞受賞
2007年 国画会会員となる

※ご案内状のお名前に誤りがございました。
 誤)山口小夜 → 正)山口小枝
 ここに訂正してお詫びいたします。

地の色は白橡(しろつるばみ)「#ccb88f color-sample.com」
縞の色は浅蘇芳「#a25768 color-sample.com」
赤白橡(あかしろつるばみ)「#d7a98c color-sample.com」
絣の色は松葉色「#839b5c color-sample.com」
枯茶(からちゃ)「#805b42 color-sample.com」
花の色は黄支子色(きくちなしいろ)「#ffdb4f color-sample.com」 をご参照下さい。