蝶々の模様型絵染着物地
国画会会員 立花長子作

商品番号 m1181 - 105702
販売価格 630,000円+税

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
蝶々の模様型絵染着物地 国画会会員 立花長子作 width= 蝶々の模様型絵染着物地 国画会会員 立花長子作 width= 蝶々の模様型絵染着物地 国画会会員 立花長子作 width= 蝶々の模様型絵染着物地 国画会会員 立花長子作 width= 蝶々の模様型絵染着物地 国画会会員 立花長子作 width= 蝶々の模様型絵染着物地 国画会会員 立花長子作 width=

蝶々の模様型絵染着物地 国画会会員 立花長子作 width= 蝶々の模様型絵染着物地 国画会会員 立花長子作 width= 蝶々の模様型絵染着物地 国画会会員 立花長子作 width= 蝶々の模様型絵染着物地 国画会会員 立花長子作 width= 蝶々の模様型絵染着物地 国画会会員 立花長子作 width=
line

【商品説明】
立花長子さんは洋画家を目指して勉強された後、昭和12年より芹沢_介さんに師事して型絵染を学び、2年後の昭和14年には国画会工芸部で入選されるという、並はずれた芸術的才能をお持ちの方だったようです。
野の花や昆虫を描いたデザインは個性的で愛らしく、どれもそれまでになく、そして優れたデザインであったり表現であったりして、近年活躍されている型絵染作家の方々にも多大な影響を与えられています。
その作品は人々の心に沁み込むような温かさと優しさを持ち、なんといってもお洒落で、長年多くのファンを魅了し続けています。
今回、未仕立ての状態のものが数点手に入りましたので、新年にふさわしく華やかで工芸的な趣があり、これからの季節に向けてご覧いただくのに楽しいのではないかと思い、ご紹介させていただきます。

こちらは大きな羽を広げて華麗に舞う蝶々や、可愛くペアで仲良く遊ぶ可憐な蝶々など、大小様々に描かれた型絵染の一方附小紋のお着物の作品です。
実際に見る事はなさそうな色柄ですが、それがどれも可愛くて、順番に見ていっても飽きる事がありません。
こちらの作品には立花さんがお好きだった洋紅のマゼンダピンクがたっぷりと使われていて、蝶々の羽根の模様のバリエーションの多さや、色付けの工夫を見ていると、とても楽しんで染められたのではないかと想像してしまいます。
卵色的な生成り・練色の地に、この洋紅のピンクのコントラストは立花さんの独特の個性のひとつです。
そしてそれに寄り添う二藍の少し抑えた薄紫色、アクセントのような濃い緑褐返色が全体の甘さを引き締めているようです。
その色の配分や配置などのバランスが絶妙で、個人的にも立花さんファンとしてはとても魅力的に目に映り、是非着てみたいと思ってしまうような素晴らしさです。
きっとこんな素敵な作品を身に着けたら心も弾んで、一日楽しくお出かけできそうな、大変おすすめの逸品です。

地の色は練色「#ede4cd color-sample.com」
蝶々の色は中紅「#c85179 color-sample.com」
二藍「#664062 color-sample.com」
褐返(かちかえし)「#293b45 color-sample.com」
芥子色(からしいろ)「#d0af4c color-sample.com」
青碧「#478384 color-sample.com」 をご参照下さい。