吹き寄せ模様型絵染名古屋帯地
国画会会員 立花長子作

商品番号 m1184 - 105634
販売価格 280,000円+税

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2、3枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
吹き寄せ模様型絵染名古屋帯地 国画会会員 立花長子作 width= 吹き寄せ模様型絵染名古屋帯地 国画会会員 立花長子作 width= 吹き寄せ模様型絵染名古屋帯地 国画会会員 立花長子作 width= 吹き寄せ模様型絵染名古屋帯地 国画会会員 立花長子作 width= 吹き寄せ模様型絵染名古屋帯地 国画会会員 立花長子作 width= 吹き寄せ模様型絵染名古屋帯地 国画会会員 立花長子作 width=

吹き寄せ模様型絵染名古屋帯地 国画会会員 立花長子作 width= 吹き寄せ模様型絵染名古屋帯地 国画会会員 立花長子作 width= 吹き寄せ模様型絵染名古屋帯地 国画会会員 立花長子作 width= 吹き寄せ模様型絵染名古屋帯地 国画会会員 立花長子作 width= 吹き寄せ模様型絵染名古屋帯地 国画会会員 立花長子作 width=
line

【商品説明】
立花長子さんは洋画家を目指して勉強された後、昭和12年より芹沢_介さんに師事して型絵染を学び、2年後の昭和14年には国画会工芸部で入選されるという、並はずれた芸術的才能をお持ちの方だったようです。
野の花や昆虫を描いたデザインは個性的で愛らしく、どれもそれまでになく、そして優れたデザインであったり表現であったりして、近年活躍されている型絵染作家の方々にも多大な影響を与えられています。
その作品は人々の心に沁み込むような温かさと優しさを持ち、なんといってもお洒落で、長年多くのファンを魅了し続けています。
今回、未仕立ての状態のものが数点手に入りましたので、新年にふさわしく華やかで工芸的な趣があり、これからの季節に向けてご覧いただくのに楽しいのではないかと思い、ご紹介させていただきます。

こちらは黄色味の強い茶・黄橡色のちりめん地に木の葉が散り、また吹き寄せられて集まって面白い表情を表したところを描かれた型絵染の名古屋帯の作品です。
椎や柿や紅葉、銀杏の葉が折り重なって、小さな木の実も見えますし、葉っぱの下には冬越えの虫の姿も見えたりしますが、小さな白い梅の花もあしらわれ春が近い様子を思わせるものとなっています。
模様の間の菱や丸の形の幾何学模様の網のようなものが、立花さんの作品だと主張するアクセントのようになっているのが納得なのですが、お太鼓の形にするとそれがぐっと存在感を増し、平凡でない素敵な模様となるのが不思議です。
この図案でしたら、秋の真ん中あたりから梅春の季節までお使いいただけます。
こちらの作品は色違いがもう一点入荷しております。
お手持ちの紬のお着物に載せて見られますと、また違った着こなしをお楽しみいただける事と思います。

地の色は黄橡(きつるばみ)「#997740 color-sample.com」
蘇芳「#803233 color-sample.com」
葉の色は焦茶「#6f4b3e color-sample.com」
松の色は青鈍(あおにび)「#6b7b6e color-sample.com」
網の色は深縹(こきはなだ)「#2a4073 color-sample.com」
草色「#7b8d42 color-sample.com」 をご参照下さい。