紫根色地紬名古屋帯地
国画会会員 原田麻耶作

商品番号 m1224 - 107997
販売価格 150,000円+税

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
紫根色地紬名古屋帯地 国画会会員 原田麻耶作 width= 紫根色地紬名古屋帯地 国画会会員 原田麻耶作 width= 紫根色地紬名古屋帯地 国画会会員 原田麻耶作 width= 紫根色地紬名古屋帯地 国画会会員 原田麻耶作 width= 紫根色地紬名古屋帯地 国画会会員 原田麻耶作 width= 紫根色地紬名古屋帯地 国画会会員 原田麻耶作 width=

紫根色地紬名古屋帯地 国画会会員 原田麻耶作 width= 紫根色地紬名古屋帯地 国画会会員 原田麻耶作 width= 紫根色地紬名古屋帯地 国画会会員 原田麻耶作 width= 紫根色地紬名古屋帯地 国画会会員 原田麻耶作 width= 紫根色地紬名古屋帯地 国画会会員 原田麻耶作 width=
line

【商品説明】
ご両親とも画家の家庭に生まれ、感受性豊かに育たれた原田さんは、戦争を挟んでご苦労をされた時期もあったようですが、おばあさまが織りの達人であった事もあり、20代後半で染織に出合い、柳悦孝氏に染めと織りを学ばれました。
独創的なスタイルのデザインや色使いは、万葉集の詩からであったり、南伊豆の海からであったり、雅楽の羅陵王や王鐘調であったり、シルクロードのイメージからであったりと、見たり聞いたりした様々なものを頭の中で膨らませて抽象化されて織り表されたものだそうです。
生涯のお仕事として染織を選ばれて50年以上、個性的で素晴らしい作品を発表し続けられました。

こちらは藍味のある紫・紫根色の紬地に、4色のジグザグの線がグラデーションのように重なって面白い表情を醸し出している名古屋帯の作品です。
波のようであったり、小さく重なるところは可憐なお花のような模様にであったりと楽しく変化しています。
スウェーデン刺繍を思わせる牧歌的な素朴さもあり、織りで表されている事を思うと高度な技術でなされていることも感じられたり、原田さんの作品の奥行きの深さを実感できます。
色使いを見ましても本当に練られたデザインである事がわかりますし、オリジナリティあふれる個性と洗練されたお洒落感を持つ素晴らしいおすすめの作品です。

地の色は紫根「#332433 color-sample.com」
柄の色は練色「#ede4cd color-sample.com」
洗柿「#f2c9ac color-sample.com」
薄青「#93b69c color-sample.com」
薄縹(うすはなだ)「#507ea4 color-sample.com」 をご参照下さい。

【原田麻耶】
1922年 千葉県にて両親とも洋画家の家庭に生まれる
1939年 明星学園高等女学校卒業
1948年 柳悦孝氏に師事。草木染・化学染料による手染め手織りの染織工芸を学ぶ
1949年 国画会工芸部に出品、入選
1952年 国画会新人賞受賞
1958年 国画会会員となる
      独自のスタイルの着物を制作。万葉集・雅楽・俳句・海・雪などをテーマにして抽象化した作品を創作
      その後も個展を開催。作品を発表され各賞を受賞・国内外の美術館買い上げとなる
2006年 病没