花の丸鉄線名古屋帯地
工芸キモノ野口

商品番号 m1235 - 109557
販売価格 230,000円+税

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
花の丸鉄線名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 花の丸鉄線名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 花の丸鉄線名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 花の丸鉄線名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 花の丸鉄線名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 花の丸鉄線名古屋帯地 工芸キモノ野口 width=

花の丸鉄線名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 花の丸鉄線名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 花の丸鉄線名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 花の丸鉄線名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 花の丸鉄線名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 花の丸鉄線名古屋帯地 工芸キモノ野口 width=
line

【商品説明】
伝統的な古典の柄の復元から、現代的でモダンなものまで斬新でオリジナリティの溢れるデザインで創作を続けられる工芸キモノ野口さんの夏の帯の新作が何点か入荷いたしましたのでご紹介させていただきます。
五泉の紬ちりめんの絽目の生地が淡い青磁色・薄萌葱色に染められ、鉄線のお花がリースのように形作られて咲いている様子が友禅で染められた素敵な夏の名古屋帯です。
大ぶりなお花は白と濃い紫色・滅紫色で描かれ、そのコントラストが綺麗で、それを引き立てるかのような葉の深緑色と常磐緑色の濃淡が冴え冴えとして本当に美しく咲いているかのようです。
それに寄り添うように配置された萩の葉が、江戸の友禅染のような暈しを加えて染められているのが、野口さんならではのあしらいのように見え、そのお色使いが全体を深みと風情のあるものとしているようです。
実際にお仕立てをされてお召しになられますと、お太鼓いっぱいに柄が繰り広げられ、夏の装いを一段と華やかな印象のものとしてくれそうです。
鉄線と萩の葉のリースが重なり合うような配置とお色使いがたまらなくお洒落さを醸し出したおすすめの一点です。

地の色は薄萌葱「#addbad color-sample.com」
花の色は滅紫(けしむらさき)「#1a1318 color-sample.com」
芥子色(からしいろ)「#d0af4c color-sample.com」
葉の色は深緑「#00552e color-sample.com」
常磐緑「#028760 color-sample.com」
萩の色は薄縹(うすはなだ)「#6286a3 color-sample.com」
梅紫「#662e56 color-sample.com」 をご参照下さい。