市松蚊絣小千谷縮着尺
織田工房製

商品番号 m1250 - 77535
販売価格 120,000円+税

※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
市松蚊絣小千谷縮着尺 織田工房製 width= 市松蚊絣小千谷縮着尺 織田工房製 width= 市松蚊絣小千谷縮着尺 織田工房製 width= 市松蚊絣小千谷縮着尺 織田工房製 width= 市松蚊絣小千谷縮着尺 織田工房製 width= 市松蚊絣小千谷縮着尺 織田工房製 width=

市松蚊絣小千谷縮着尺 織田工房製 width= 市松蚊絣小千谷縮着尺 織田工房製 width= 市松蚊絣小千谷縮着尺 織田工房製 width= 市松蚊絣小千谷縮着尺 織田工房製 width= 市松蚊絣小千谷縮着尺 織田工房製 width= 市松蚊絣小千谷縮着尺 織田工房製 width=

市松蚊絣小千谷縮着尺 織田工房製 width=
line

【商品説明】
夏の装いの代表的なアイテムのひとつでもある小千谷縮は古くからいろいろな種類のものがつくられています。
その軽く弾くような張りは肌につきにくく、着心地の良さに定評があり、またお手入れなどの扱いやすさでも人気があります。
近年では黒地が少なくなってきていると聞きますが、こちらは黒地に小さな白い蚊絣が並んで大きな市松の配置に織られたお洒落な小千谷縮のお着物です。
夏の黒地のお着物には白い襦袢が透けて涼感を感じるという、日本の着物文化ならではの素敵さがありますので、こちらのお着物も実際にお召しいただきますとその魅力が現れます。
8月も後半になりましたら、グレーや水色、薄紫色など色のある麻の襦袢に変えられますと、また盛夏とは一味違って晩夏の雰囲気を演出できます。
コーディネートのページでは芭蕉布の名古屋帯を合わせてみましたが、織りの凝った帯でも、透かし織などの八寸名古屋帯でも、また麻地の染めの帯でも、紅型染めでもと、いろいろと合わせて夏の装いをお楽しみいただける事と思います。
一枚持たれますと装いの範囲がぐんと広がる、夏の定番的な大変おすすめの一点です。