金魚の模様麻名古屋帯地
工芸キモノ野口

商品番号 m1264 - 97687
販売価格 120,000円+税


※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
金魚の模様麻名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 金魚の模様麻名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 金魚の模様麻名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 金魚の模様麻名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 金魚の模様麻名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 金魚の模様麻名古屋帯地 工芸キモノ野口 width=

金魚の模様麻名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 金魚の模様麻名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 金魚の模様麻名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 金魚の模様麻名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 金魚の模様麻名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 金魚の模様麻名古屋帯地 工芸キモノ野口 width=

金魚の模様麻名古屋帯地 工芸キモノ野口 width= 金魚の模様麻名古屋帯地 工芸キモノ野口 width=
line

【商品説明】
伝統的な古典の柄の復元から、現代的でモダンなものまで斬新でオリジナリティの溢れるデザインで創作を続けられる工芸キモノ野口さんの夏の帯の新作が何点か入荷いたしましたのでご紹介させていただきます。
きびらのベージュの麻の生地がグレー味のある水色・利休白茶色に染められ、お太鼓の部分には地の色が染め残され、そこに水草と赤と黒の金魚が泳いでいる様子が描かれた夏の九寸名古屋帯です。
染め残されたベージュのふちに鶸茶色の疋田模様が置かれ、ちょっと引き締まった印象となっていて、ぷくぷくと泡を吹いている可愛い金魚が引き立って見えます。
夏の小千谷の麻のお着物や、絹紅梅や木綿のお着物などにも程よいカジュアルさで楽しくお合わせいただけそうです。
コーディネートのページではオレンジ色の宮古上布に合わせてみました。
どんな色のお着物とも相性の良い地色で、幅広く組み合わせていただけそうな、ちょっとユーモラスな金魚がとってもかわいいおすすめの一点です。

地の色は利休白茶「#aab3a1 color-sample.com」
お太鼓の色は亜麻色「#d6c6af color-sample.com」
疋田の色は鶸茶(ひわちゃ)「#8c8861 color-sample.com」
金魚の色は海老茶「#773c30 color-sample.com」
水草の色は老竹色「#536646 color-sample.com」 をご参照下さい。