重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地
小河正義作

商品番号 m1274 - 110140
販売価格 330,000円+税


※こちらはお仕立の加工代金を含めた販売価格となっております。
 (特殊なお仕立・加工をご希望の方はお問い合せください。)

商品説明
※下の1、2、3枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width= 重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width= 重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width= 重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width= 重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width= 重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width=

重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width= 重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width= 重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width= 重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width= 重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width= 重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width=

重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width= 重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width= 重要無形文化財越後上布 八寸名古屋帯地 小河正義作 width=
line

【商品説明】
夏の装いの楽しみのひとつである麻のお着物、その中でも宮古上布と並んで天然の苧麻の味わいが感じられる魅力的なものといえば越後上布です。
どちらもたくさんの工程を経て、たくさんの熟練の人たちの手仕事の積み重ねによって作り上げられる芸術品ともいえるすばらしい工芸品です。
南の島のおおらかさから成るものと、厳しい雪に閉ざされた土地柄から成るものの個性の違いが再発見できる季節でもあり、楽しみに思えます。
特に越後上布は1400年とも言われる長い歴史を経て、その技術が連綿とつながれ、現在も続けられているという事には驚きしかありません。
こちらはその技法に則って作られた八寸名古屋帯の作品ですが、手に取りますとどこか懐かしく感じられるような麻の風合いが魅力的です。

綺麗な黒地の全体の4分の3くらいの幅に約3cmの縹色の縞が織られ、その間に生成りの糸で小さな格子と十字絣が矢羽根の模様の形に織り出された、上質な大人のアイテムでありながらどこか可愛らしさも感じられる、小さな絣が魅力的な名古屋帯地です。
絣の足の部分が焦茶色に尾を引いているようで、模様全体が少し茶系に見えるのが面白く感じられますが、自然の色の柔らかさがあり、黒の無地の部分とのニュアンスの違いもお洒落な雰囲気となっています。
熟練の技を持つ小河さんの作品でもありますので、お太鼓の形にしますと「なんてすっきりとした!」と思える絣の模様の美しさが現れて綺麗です。
白系や生成り、そしてグレー系の上布類とも素敵に合いそうですし、明るい藍系のお着物とも引き締まった着こなしをしていただけそうです。
ざっくりとした麻の風合いと、手業の味わい、高い完成度の感じられる素晴らしいおすすめの逸品です。

地の色は黒「#2b2b2b color-sample.com」
縞の色は縹色(はなだいろ)「#1f7299 color-sample.com」
絣の色は生成り色「#fbfaf5 color-sample.com」 をご参照下さい。