「サマルカンドの花」夏袋帯
徳田義三図案

商品番号 o1728 - 109137
未着用品
販売価格 95,000円+税

長さ 4 m 46 cm
太鼓巾 30.4 cm
前巾 cm

商品説明
※下の1枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
「サマルカンドの花」夏袋帯 徳田義三図案 width= 「サマルカンドの花」夏袋帯 徳田義三図案 width= 「サマルカンドの花」夏袋帯 徳田義三図案 width= 「サマルカンドの花」夏袋帯 徳田義三図案 width= 「サマルカンドの花」夏袋帯 徳田義三図案 width= 「サマルカンドの花」夏袋帯 徳田義三図案 width=

「サマルカンドの花」夏袋帯 徳田義三図案 width= 「サマルカンドの花」夏袋帯 徳田義三図案 width= 「サマルカンドの花」夏袋帯 徳田義三図案 width= 「サマルカンドの花」夏袋帯 徳田義三図案 width= 「サマルカンドの花」夏袋帯 徳田義三図案 width=
line

【商品説明】
生成りの白・象牙色で大きな青海波の模様が透かし織された地に、お太鼓の部分には灰桜色と淡いグレーベージュ・枯野色の糸で段替わりに小さな青海波の模様が織られ、そこに大小のお花がすくい織で織り込まれた大変手の込んだ織りの夏の袋帯です。
正倉院の三纈と言われる「蝋纈」「夾纈」「纐纈」の中でも「夾纈」の模様を非常に好まれ、織りのものにも染めのものにも数多く取り入れられた徳田義三さんのデザインによる図案を、高い技術を持った職人さんがきっとご苦労されて織られたものと思われます。
静かな佇まいの中に、何とも言えない高貴ささえ感じられる品格と、品質の良さからなる存在感があります。
表地は透かし織になっていて、裏地も3シーズン的な質感となっていますので、単衣の時期から夏にかけてお使いいただけそうです。
やわらかい素材の附下や地紋無地、絽の無地などにお合わせいただけますし、夏紬のお着物などにも普段使いでお使いいただくのもお洒落で、お召しいただける範囲は広いと思います。
お太鼓の形にしますと銀糸の縁取りのお花がぐっと浮き上がって、控えめながら華やかな美しさを醸し出す素敵なおすすめの一点です。
未着用品。

地の色は象牙色「#f8f4e6 color-sample.com」
段の色は灰桜「#e8d3d1 color-sample.com」 をご参照下さい。