楮布織 太布 夏八寸名古屋帯

商品番号 o1742 - 109731
未着用品
販売価格 65,000円+税

長さ 3 m 71 cm
太鼓巾 31.4 cm
前巾 16 cm

商品説明
※下の1枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
楮布織 太布 夏八寸名古屋帯 width= 楮布織 太布 夏八寸名古屋帯 width= 楮布織 太布 夏八寸名古屋帯 width= 楮布織 太布 夏八寸名古屋帯 width= 楮布織 太布 夏八寸名古屋帯 width= 楮布織 太布 夏八寸名古屋帯 width=

楮布織 太布 夏八寸名古屋帯 width= 楮布織 太布 夏八寸名古屋帯 width= 楮布織 太布 夏八寸名古屋帯 width= 楮布織 太布 夏八寸名古屋帯 width= 楮布織 太布 夏八寸名古屋帯 width= 楮布織 太布 夏八寸名古屋帯 width=
line

グレー味のあるベージュ・白橡色は自然の楮の糸の色のようで、それをベースにしてモスグリーン・革色の格子が織り込まれた、自然布の味わいが感じられる夏の八寸名古屋帯です。
格子の太い縞の横は、経糸を抜いた透かし織にされていて、緯糸の楮の糸の風合いを見る事ができますが、経糸は手績みの太布の麻糸が使用されているようで、独特の質感が懐かしく自然のぬくもりのようなものを感じられます。
雪国で限られた資源の中から生まれた、原始布と呼ばれる自然の草木から生まれる布のひとつでもある楮布は、大切に受け継がれています。
「雪上にて数日間晒した楮を蒸し上げてやわらかくした皮を、丁寧に手績みされた糸を手機で一本一本投げ杼を用いて織り上げられた格調の高い作品でございます。
楮布はくすんだ色合いの中に温和な光沢を包み、深く渋みのある色調は古く成る程おちついた色合いを出してきます。
同じ甕で同じように染めても同じ色を出すとは限りません。みんなちがう特色のある地風は楮布の持ち味であります。
手織の真心をお伝えする事が出来ましたら幸です。」
(越後楮布保存会 解説文より)
夏の麻のお着物とお合わせいただいて、この風合いをお楽しみいただきたいおすすめの一点です。

地の色は白橡(しろつるばみ)「#ccbea3 color-sample.com」
格子の色は革色「#475950 color-sample.com」 をご参照下さい。