辻が花染袋帯
日本工芸会正会員 小倉淳史作

商品番号 r1488
未着用品
販売価格 190,000円+税

長さ 4 m 53 cm
太鼓巾 30.8 cm
前巾

商品説明
※下の1枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
辻が花染袋帯 日本工芸会正会員 小倉淳史作 width= 辻が花染袋帯 日本工芸会正会員 小倉淳史作 width= 辻が花染袋帯 日本工芸会正会員 小倉淳史作 width= 辻が花染袋帯 日本工芸会正会員 小倉淳史作 width= 辻が花染袋帯 日本工芸会正会員 小倉淳史作 width= 辻が花染袋帯 日本工芸会正会員 小倉淳史作 width=

辻が花染袋帯 日本工芸会正会員 小倉淳史作 width= 辻が花染袋帯 日本工芸会正会員 小倉淳史作 width= 辻が花染袋帯 日本工芸会正会員 小倉淳史作 width= 辻が花染袋帯 日本工芸会正会員 小倉淳史作 width= 辻が花染袋帯 日本工芸会正会員 小倉淳史作 width=
line

【商品説明】
日本工芸会正会員である小倉淳史氏は染織工芸の世界では長い歴史を持ち、その技術を伝え続けていらっしゃる小倉家の当代であり、歴史的染織品の復元や研究にも尽力されています。
だからこそ魅力あふれる作品は高い評価を受け、現在までにも数々の賞を受賞されています。
その作品はいつも多くのファンを魅了し続け、個人的にも大好きな作家さんです。
今回ご紹介させていただくのは少し珍しいと思われる、大ぶりなお花が染められた袋帯の作品です。
水面のような地紋の地金通しの生地に流水のような線が絞りで染めだされ、その線の傍らに大きなお花が紅檜皮色、竜胆色、滅紫色、薄紅梅色で色とりどりに染められて華やかな印象となっています。
紅葉をみると地紋とともに竜田川の雰囲気があり、また大きな桜の花には春の暖かい空気を感じられるなど多彩です。
紬系のお着物から附下、江戸小紋、格高小紋、お召織と色々なお着物とお合わせいただけます。
ぶれない品格とボリューム感のある素晴らしいおすすめの逸品です。
未着用品。
地の色は砂色「#dcd3b2 color-sample.com」を、
花の色は紅檜皮色(べにひはだいろ)「#663b36 color-sample.com」、 竜胆色(りんどういろ)「#6a5980 color-sample.com」
滅紫色(けしむらさきいろ)「#332631の色見本 color-sample.com」、 薄紅梅色「#e6a1b9 color-sample.com」を、
紅葉の色は草色「#434d24 color-sample.com」をご参照下さい。