重要無形文化財宮古上布 短冊取文蚊絣着物

商品番号 r1510
リサイクル品
販売価格 380,000円+税

身丈 169 cm 前巾 24.8 cm
裄丈 69.5 cm 後巾 30.2 cm
袖丈 49.5 cm

商品説明
※下の1枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
重要無形文化財宮古上布 短冊取文蚊絣着物 width= 重要無形文化財宮古上布 短冊取文蚊絣着物 width= 重要無形文化財宮古上布 短冊取文蚊絣着物 width= 重要無形文化財宮古上布 短冊取文蚊絣着物 width= 重要無形文化財宮古上布 短冊取文蚊絣着物 width= 重要無形文化財宮古上布 短冊取文蚊絣着物 width=

重要無形文化財宮古上布 短冊取文蚊絣着物 width= 重要無形文化財宮古上布 短冊取文蚊絣着物 width=
line

【商品説明】
南の島の宝布・宮古上布は、原料である苧麻から手績みによって糸をつくり、琉球藍で細かな絣の柄を染め、その髪の毛のように細い糸を巧みに操りながら絣の柄を合わせて織りあげられます。
それは熟練された高度な技術を持った人々の手によって、気の遠くなるような時間をかけ、 数多くの工程を経て完成されます。
越後上布は雪晒しで仕上げをしますが、宮古上布は砧打ちという方法で仕上げられます。
気候も風土も違う南と北の地域で、自然の中にあった麻という素材をこれほどのものにする技術を完成させ、それぞれ長い歴史の中で連綿と受け継がれている事はとても不思議ですが、その作品に出合うたび、どれも本当にため息が出るほどに美しい事には変わりありません。
こちらは、本当に小さな蚊絣で短冊の形が白と浅葱色の2色で織り出されたお洒落な作品です。
また、地の深い藍色の光沢の美しさも同時にお楽しみいただけます。
こういったさりげなくて上質なものは、お召しいただくとスマートな印象となります。
帯合わせによって変化をつけて着こなしをお楽しみいただけて、きっと長くご愛用いただけるの事と思います。
底光りするような存在感が魅力のおすすめの逸品です。