牡丹に藤の花図袋帯
皆川月華作

商品番号 r1682
リサイクル品
販売価格 480,000円+税

長さ 4 m 43 cm
太鼓巾 30.4 cm
前巾 cm

商品説明
※下の1枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
牡丹に藤の花図袋帯 皆川月華作 width= 牡丹に藤の花図袋帯 皆川月華作 width= 牡丹に藤の花図袋帯 皆川月華作 width= 牡丹に藤の花図袋帯 皆川月華作 width= 牡丹に藤の花図袋帯 皆川月華作 width= 牡丹に藤の花図袋帯 皆川月華作 width=

牡丹に藤の花図袋帯 皆川月華作 width= 牡丹に藤の花図袋帯 皆川月華作 width= 牡丹に藤の花図袋帯 皆川月華作 width= 牡丹に藤の花図袋帯 皆川月華作 width= 牡丹に藤の花図袋帯 皆川月華作 width=
line

【商品説明】
昭和の初めに帝展(帝国美術院展覧会)に入選されて以来多岐に渡ってご活躍され、日本の染織の世界に大きな影響を与えながら様々な分野において数知れない足跡を残され、現在もなおその作品にはファンの多い皆川月華氏の作品をご紹介させていただきます。
個人的にも熱烈なファンである私は月華さん作の孔雀の屏風をお店に飾らせていただいています。
豊かなイメージの赤・赤紅色の地に花篭が吊るされ、大ぶりな牡丹、梅、蘭の花、そして枝垂れる藤の花がたっぷりと描かれ、金糸銀糸で刺繍も施された非常に立体感とボリュームのある袋帯です。
前柄には紫陽花と薔薇、手先には百合の花と、まさしく百花繚乱という言葉が当てはまるような素晴らしさで、実際にお召しいただきますと地色の赤は見えないのではないかと思われるくらいです。
山鹿清華氏と並んで、その作品は京都でも祇園祭りの鉾の飾りとして大切に使われています。
それほどに評価の高い染織家であるという事でしょう。
手元で見ている事が嬉しく思えるほどに見どころも多く、どんなお着物に載せてみましょうかと悩んでしまうほどです。
第一礼装のお着物にもしっかりとお合わせいただけます。
染めという事もあり、格高の小紋くらいまでお使いいたけそうです。
パーティーなどのお席でも目を引く華やかさは別格でしょう。
山鹿清華氏と並んで昭和の染織の第一人者のお仕事を是非この機会にご覧くださいませ。
地の色は赤紅色「#992f35 color-sample.com」
葉の色は鉄色「#005243 color-sample.com」
藤の色は深紫色「#493759 color-sample.com」をご参照下さい。