経節紬四角に花の柄着物
浦野理一作

商品番号 r1710
未着用品
販売価格 260,000円+税

身丈 159(+5) cm 前巾 25.6 cm
裄丈 65(+4) cm 後巾 31 cm
袖丈 49.5 cm

商品説明
※下の1枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
経節紬四角に花の柄着物 浦野理一作 width= 経節紬四角に花の柄着物 浦野理一作 width= 経節紬四角に花の柄着物 浦野理一作 width= 経節紬四角に花の柄着物 浦野理一作 width= 経節紬四角に花の柄着物 浦野理一作 width= 経節紬四角に花の柄着物 浦野理一作 width=

経節紬四角に花の柄着物 浦野理一作 width= 経節紬四角に花の柄着物 浦野理一作 width= 経節紬四角に花の柄着物 浦野理一作 width=
line

【商品説明】
浦野理一氏は日本の伝統的な染織品の研究を長年続けられ、それを基に復元された作品は、その当時のお洒落な着物を求められる方の気持ちに響く素敵なものが多く、個性的で他には例を見ないタイプのものばかりでした。
それらはまた40年以上前にミセスなどの雑誌の巻頭を飾り、昭和の憧れのアイテムのひとつとなり、多くのファンを魅了しました。
そしてそれが現在も変わりなく支持されている事は本当に素晴らしいと思います。
こちらは浦野作品を着る醍醐味のようなものさえ感じられる、経糸の節の大きなざっくりとした風合いが魅力的な紬のお着物です。
実際に羽織ってみられますと、斜め格子のように配置された線が際立ってすっきりとした印象になり、その中のお花が可憐な姿で現れます。
地織の赤味のあるグレーベージュは梅鼠色にも見えますが、ツイードのようなミックス調で、はっきりと何色とは言い難いようなニュアンスと味わいがあるものとなっています。
同系色の臙脂系の帯を合わされるのも良いかもしれません。
茶系も藍系も白系も合いますし、帯合わせにはあまり悩まなくても良さそうですね。
これからの季節にも最適な、希少性の高いおすすめの一点です。
未着用品。
地の色は梅鼠色「#7F6967 color-sample.com」
花の色は海老茶色「#681D11 color-sample.com」、 刈安色「#E5CF42 color-sample.com」
葉の色は涅色(くりいろ)「#332920 color-sample.com」 をご参照下さい。