紫陽花文様唐織袋帯
誉田屋源兵衛製

商品番号 r1775
未着用品
販売価格 220,000円+税

長さ 4 m 45 cm
太鼓巾 31.8 cm
前巾 cm

商品説明
※下の1、2枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
紫陽花文様唐織袋帯 誉田屋源兵衛製 width= 紫陽花文様唐織袋帯 誉田屋源兵衛製 width= 紫陽花文様唐織袋帯 誉田屋源兵衛製 width= 紫陽花文様唐織袋帯 誉田屋源兵衛製 width= 紫陽花文様唐織袋帯 誉田屋源兵衛製 width= 紫陽花文様唐織袋帯 誉田屋源兵衛製 width=

紫陽花文様唐織袋帯 誉田屋源兵衛製 width= 紫陽花文様唐織袋帯 誉田屋源兵衛製 width= 紫陽花文様唐織袋帯 誉田屋源兵衛製 width= 紫陽花文様唐織袋帯 誉田屋源兵衛製 width= 紫陽花文様唐織袋帯 誉田屋源兵衛製 width= 紫陽花文様唐織袋帯 誉田屋源兵衛製 width=
line

【商品説明】
桃山時代の雰囲気を残した江戸初期の能衣装に取材したと思われる、大ぶりな紫陽花のお花が織り出された、誉田屋源兵衛さんならではの力強さのある古色然とした唐織の袋帯です。
オリジナルの衣装は縫箔ですので、その質感を唐織で表現されたものと思われます。
時期によって移り変わる紫陽花の花の色の変化は万葉集の時代から歌にも詠まれ、身近な存在であった事が伺えますが、古くは能衣装や小袖の柄として取り入れられたもので、お着物や帯の模様として使われるようになったのは大正時代頃からのようです。
こちらは敢えて重厚な能衣装の雰囲気を醸し出した格のあるものとして制作されていて、花や葉のこっくりとした色使いにもしっかりとした枝ぶりにもそれを見る事ができ、また新鮮な印象となっています。
地金通しの地は燻したような色となっていて、無駄にキラキラとした印象ではないところも素敵です。
フォーマルのお着物とお合わせいただいても、趣味性の強いお洒落な装いをお楽しみいただけるのではないでしょうか。
非常に珍しいモチーフで、個性溢れる品質の良いおすすめの一点です。
未着用品。