「オモダカ文様」琉球紅型名古屋帯
人間国宝 玉那覇有公作

商品番号 r1866 - 106181
未着用品
販売価格 有難うございます

長さ 3 m 78 cm
太鼓巾 30.4 cm
前巾 15.2 cm

商品説明
※下の1、2枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
「オモダカ文様」琉球紅型名古屋帯 「紅型」人間国宝 玉那覇有公作 width= 「オモダカ文様」琉球紅型名古屋帯 「紅型」人間国宝 玉那覇有公作 width= 「オモダカ文様」琉球紅型名古屋帯 「紅型」人間国宝 玉那覇有公作 width= 「オモダカ文様」琉球紅型名古屋帯 「紅型」人間国宝 玉那覇有公作 width= 「オモダカ文様」琉球紅型名古屋帯 「紅型」人間国宝 玉那覇有公作 width= 「オモダカ文様」琉球紅型名古屋帯 「紅型」人間国宝 玉那覇有公作 width=

「オモダカ文様」琉球紅型名古屋帯 「紅型」人間国宝 玉那覇有公作 width= 「オモダカ文様」琉球紅型名古屋帯 「紅型」人間国宝 玉那覇有公作 width= 「オモダカ文様」琉球紅型名古屋帯 「紅型」人間国宝 玉那覇有公作 width= 「オモダカ文様」琉球紅型名古屋帯 「紅型」人間国宝 玉那覇有公作 width= 「オモダカ文様」琉球紅型名古屋帯 「紅型」人間国宝 玉那覇有公作 width= 「オモダカ文様」琉球紅型名古屋帯 「紅型」人間国宝 玉那覇有公作 width=
line

【商品説明】
少しシボのある生成り色の縮緬の生地に、濃い藍色で沢潟の茎と葉が蔓の形にディフォルメされて描かれ、小さなお花が可憐な様子で顔をのぞかせている紅型染めの九寸名古屋帯です。
お花ではなく葉のほうに薄縹色、濃鼠色、渋紙色などでいろいろと彩色されていて、リズミカルな動きのあるものとなっているのが少し面白く見えます。
染めをするよりも、お散歩に出てスケッチした草花をデザインをした型を彫っている方がお好きと話される玉那覇さんは、工房にたくさんの型を大切に保管されています。
楽しく型を彫られている、そんな光景が目に浮かぶような、流れるような線で彫られた沢潟の線が美しく染められて、玉那覇さんならではの精密さが感じられる素晴らしい作品です。
紅型染めには少し珍しいシンプルですっきりとしたデザインは、いろいろなお着物と合わせていただいた時に装いをモダンにしてくれそうですし、洗練された大人の雰囲気になりそうです。
柔らかい素材のお着物から、紬のお着物、お召織のお着物と、広い範囲でお合わせいただける大変おすすめのお洒落な名古屋帯です。
未着用品。

地の色は生成り色「#fbfaf5 color-sample.com」
茎の色は濃藍「#0a1633 color-sample.com」
葉の色は薄縹(うすはなだ)「#507ea4 color-sample.com」
濃鼠「#4f455c color-sample.com」
渋紙色「#946243 color-sample.com」
花の色は樺色「#cd5e3c color-sample.com」
葡萄色(えびいろ)「#330113 color-sample.com」 をご参照下さい。

【玉那覇有公】
1936年 沖縄県に生まれる
1961年 紅型宗家・城間栄喜氏に師事、修業をはじめる
1963年 独立城間工房の近くに工房を構える
1970年 沖展に初出品
1975年 日本伝統工 芸展に初出品、その後も数々の賞を受賞
1991年 日本伝統工芸展で文部大臣賞受賞
1996年 重要無形文化財「紅型」保持者認定
1998年 紫綬褒章受章
日本工芸会正会員