升の模様紫根染紬着物

商品番号 r2001 - 117101
リサイクル品
販売価格 260,000円+税

身丈 169 cm 前巾 22.8 cm
裄丈 67(+4) cm 後巾 30.8 cm
袖丈 49 cm

商品説明
※下の1枚目の写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

line
升の模様紫根染紬着物 width= 升の模様紫根染紬着物 width= 升の模様紫根染紬着物 width= 升の模様紫根染紬着物 width= 升の模様紫根染紬着物 width= 升の模様紫根染紬着物 width=

升の模様紫根染紬着物 width= 升の模様紫根染紬着物 width= 升の模様紫根染紬着物 width= 升の模様紫根染紬着物 width= 升の模様紫根染紬着物 width= 升の模様紫根染紬着物 width=
line

【商品説明】
ムラサキ草から染料を得て染められる紫根染めの歴史は古く、正倉院裂にも見る事ができます。
飛鳥時代には聖徳太子が定めた冠位十二階の最高位の色として紫色が示され、それは当時紫根で染められたと言われています。
こちらの升の模様は明治期の紫根の裂にも見られ、古くから取り入れられていた模様のひとつですが、現代にお着物の模様として染められているのを見ますとかなり大胆でモダンな模様のように見えて、興味深く感じられます。
無地の部分が多いのも、白山紬と思われる生地に馴染んだ紫根の色の美しさを楽しめて、それはそれで味わい深いものがあります。
飛び小紋のような雰囲気にも見えますので、帯合わせはあまり難しくなくお召しいただけそうです。
桜の季節が近づいていますので、桜の模様の名古屋帯などと合わされて、季節を彩る演出をされるのも良いですし、間道や吉野格子などの帯とすっきりとお合わせになられるのもまた素敵です。
少し年数を経て魅力的な色合いとなった、お洒落でおすすめの一点です。